Menu

志望動機はどう書くか

介護職を目指すときには履歴書の書き方も重要になりますが、その中でも最も人事担当者が重点を置くのは、その人の学歴よりも志望動機です。
介護業界の人事担当者は、日々数多くの履歴書をくまなく見ているため、同じような志望動機では心が動くことはないでしょう。
例文をそのまま書き写している文章は、膨大な量の履歴書の志望動機を目にしている担当者には、すぐにわかってしまうことです。

志望動機欄に記載をする時は、これまでの職業や職場での経験で積み重ねてきたこと、資格や技能を持っているかどうかなどを元に書きますが、これまで培ってきたことを記載するのと共に、未来のことまで含めることが大事です。
介護職を目指すにあたり将来的には、自分はどのように職場で活躍をしたいのか、まだ何も持たないなら資格取得も目指しているかなども記載すると良いでしょう。

志望動機を記入する際には、構成要素としていくつかのポイントを押さえておくことが大事です。
これまでの職務経験や生きてきた経験からの即戦力となるスキル、介護職に対しての思いも履歴書には記載をします。
未経験者であれば、なぜ介護職に関心を持つようになったのか、志望動機となったきっかけも書くと良いです。
既に社会で働いた経験のある場合、介護業界初心者での転職ですから、今までの仕事への思いや姿勢を文章にします。
介護職を志したきっかけに関しても、具体的に書いて訴えることが重要です。
介護は人から感謝される仕事であり、困っている人の役に立つ仕事なので、そういった面を取り入れて書くこともできます。